daxanya's vault RSS

ほそぼそ蠢いています
hatena diary

Archive

Sep
2nd
Tue
permalink
最近のプログラミング言語って、たいていチュートリアルがあるじゃないですか、まずそれを黙って写経じゃないんですか。
プログラミング言語は「黙って写経」──カーネルハッカー・小崎資広(4) | サイボウズ式

打つ→動かす→ちょっといじってみるが黄金パターン。打つをコピペに変えるとなぜか効果が激減。

permalink
当期純損失13億9300万円と、巨額の「赤字決算」を発表したグノシー。2014年8月29日の官報に掲載された、同社第2期(2013年6月1日~14年5月31日)の決算公告で確認できる。さらに、売上高が3億5900万円なのに対して、販管費が16億2980万円と目立って多い。 グノシーは2012年11月創業で、ダウンロード数は14年6月時点で約400万件と、ニュースアプリの代表格だ。14年3月にはKDDIと業務提携を発表して資金提供を受け、6月にはさらに12億円の出資を得た。 KDDIとの提携のタイミングで「ニュースアプリ初」というテレビCMの放送をスタート。グノシー共同最高経営責任者(CEO)の木村新司氏は、4月28日付の日経MJのインタビューでCM開始の意図について「ユーザー数を飛躍的に拡大する時期に入った。3月からサービスを、より一般的なものに方向転換した」と説明している。また木村氏は、「10億円以上とされる増資分」の「8割以上を広告宣伝費につぎこんだ」と明かした。こうなると決算公告にある「販管費16億円」のうち大部分は、広告宣伝費とも考えられそうだ。
ニュースアプリ「グノシー」赤字13億9300万円 強気の拡大戦略、成功と失敗の分岐点にある : J-CASTニュース

宣伝に金かけたら人を集められるというだけでも凄いと思う。あとは逃げられないようにする手があるのかどうか。

Sep
1st
Mon
permalink
Rudenkoによると、プラスチックではなくコンクリートで3Dプリントしたため、いろんな問題に遭遇した。たとえば、“お城の塔を単独でプリントするのはバッドアイデアだった。それを持ち上げて正しい場所に置くのが、ものすごく難しい”。想像できるね。
自分の家の裏庭にお城を3Dプリントした人がいる…しかもすばらしい出来栄え - TechCrunch

プリンタ+プリンタを囲うためのプレハブ小屋を現場に持って行ってその場で組むということが、そのうち起こりそう。

Aug
31st
Sun
permalink
手助け以降に発生した問題はすべてあなたのミスになる

コンピュータの修理をタダで引き受けてはならない10の理由 - ZDNet Japan (via ibi-s)

プログラミング後期(運用・保守が見えてきた頃)はどうしても生き残るのに政治力が必要になる

(via codegoods)

permalink
自分の知ってる範囲と知らない範囲の境目にある「知っていることに近いけど知らないこと」を見つけて、それを学ぶことで境界を広げていく

カーネルハッカー・小崎資広の「コードを読む技術」 (via do-nothing)

知っていることを、整理して書いてみると以外に知らなくて、それに気づくと世界が広がる。

(via constan)

permalink

「話を聞いてない2歳児」という表現は間違っている。
これでは「頭痛が痛い」と同じように二重表現になってしまうからだ。

「話を聞いてない2歳児」
「外に出た途端うんこする0歳児」
「なにもしない夫」

この辺りは全て二重表現になってしまうので注意して使う必要があるだろう。

話を聞いてない2歳児にありがちなこと | はなこ (via shinoddddd)

「なにもしない夫」に気づくところから夫婦生活が始まる

(via wild-rabbit-resistance)

Aug
30th
Sat
permalink

寿司はうまい。寿司はうまいので寿司と結婚したいと思う人もいることでしょう。しかし寿司は人間ではないので結婚できない。結果的に寿司屋の娘と結婚することになります。

寿司好きなあなたは、寿司であれば何でも食べたいと思う。だから回転寿司だって、午後8時のスーパーの総菜売り場で半額になっている寿司だって好きなはずです。しかし、寿司屋の娘と結婚したばかりにそういった Guilty Pleasure は御法度となります。

「ああいうの食べるなんて頭どうかしてる」

寿司屋の娘はあなたにそう言います。寿司のことが好きすぎて、でも寿司とは結婚できないから寿司屋の娘と結婚したのに、安い寿司が食べられなくなったことでかえってあなたの生涯寿司数は低下するのです。寿司との距離、これがこの文章のテーマです。

寿司との最適な距離の取り方について - portal shit! (via vevev)

冒頭の文に惹かれる。寿司の話というより価値観の話だった。

(via nnykny)

permalink
任天堂が「フレンド以外との通信を制限する」仕様を続けてきたのは、「子どもを危険から守るため」じゃなかったんだ。「子どもから俺達を守るため」だったんだ。子どもは判別不能な文字で連続投稿するし、気に食わない人をどんどん通報するし……ホントマジでシャレにならんわ……

Twitter / yamanashirei (via gkojax)

まず「なんさい?」って聞いてくるのでフィルタリングしやすい気がする。

(Source: rpm99, via lain2lain)

permalink
調査に関連して行ったヒアリングの中で、就活生から聞いたエピソードをご紹介します。
 ライフリンクでインターンをしている就活生4人に、インタビューをしたときのことです。
 「就活に失敗して自殺する若者が増えていることをどう思うか、理解できるか」と尋ねたところ、全員が理解できると答えました。
 
 「理解できるといのは?」と、さらに踏み込んで聞いていくと、
 「自分は、自分たちは、小さい頃から周りの目に怯えながら生きてきた」というのです。
 小学校、中学校と、どうやったら学校でいじめられずに済むか、いじめの標的にされることなくどうすれば無事に学校を卒業できるか、ずっと怯えながら生きてきたというのです。
「自分がこれをやりたい、あれをやりたい」などということではなく、できるだけ目立たないように、周りから排除されないためのキャラを、ずっと演じて生きてきたと。
 さらに、中学高校と進学するにつれて、先生や親からの評価も気になるようになっていったといいます。いまの学校では「学習意欲」も評価の対象になりますから、大学進学を希望するなら、演じてでも「やる気」をみせていかなければなりません。大人の顔色をうかがいながら、作り笑いをして、「いい子」を演じ続けてきたというのです。
 
 それで、やっとの思いで大学に入って、ようやく周囲からの評価や同調圧力からも少し解放されて、ホッと一息ついた頃に、就職活動が始まります。
 就活で企業を回ると、面接で必ず聴かれることがあるんだそうです。「あなたの夢はなんですか?」「他の人にできないことで、あなたにできることはなんですか?」という問いです。
 
 学生たちが言っていました。これまで生きてきて、はじめて「あなた」が問われたと。小さい頃から、周りと同じようにしていなさいと言われ、自分の存在を消すように努力して生きてきたのに、いきなり就活で「あなた」を問われて、驚いたと。
 
 そこで必死になって、「自己分析」や「自分さがし」をして、おぼろげながら見えてきた自分のことを、必死になってエントリシートに書いて、しかもそれを何十社分もやって。
 面接でも、面接官にどうやったら評価してもらえるのか。なんて言ったら内定をもらえるのかと、相手の評価を気にしながら答えて。
それなのに、回る企業がどれひとつとして自分を受け入れてくれないのだとしたら。小さい頃から、言われたように生きてきただけなのに、それでも自分の居場所や出番を与えてもらえないのだとしたら。
 
 学生たちが「理解できる」といったことの意味は、決して「積極的に死にたい」「自殺したい」ということなんじゃなくて、「こんな人生、もう馬鹿馬鹿しくて生きるのを止めたくなる」、そういう気持ちはよく分かります、ということでした。
 
今回の調査でも、就職活動をはじめてから「本気で死にたい」「消えたい」と思ったことがあるという学生は、実に21%にも上りました。5人に1人。これは驚くべき数字です。

視点・論点 「”就活自殺”の背景に迫る」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK (via mcsgsym)

なるほどぉ。これはおぢさんにも理解しやすい。私達の子供時代と違って今は「手のかからない,いい子」なんて子供に対する褒め言葉じゃなくなったと思っていたが,裏を返せば今は「手のかからない,いい子」ばっかりってことなのかねぇ。

(via hexe)

学校のトラブルの再発防止を突き詰めた結果、「全てが未然に防がれるため何も起こらない学校」となり、行き過ぎた管理は目的を忘れ、あらかじめ決められた入力に対して決められた出力を返す装置が生産されてしまうSFホラーはもう飽きた。

(Source: gkojax, via yukiminagawa)

permalink
地雷クライアントは、自分たちのビジネスモデルを隠すことに必死になる人が僕の経験上だが、多い気がする。『アイディアがパクられたらどうしよう。なので全部はまだ話せない。』と なので同じ方向が向けない。地雷クライアントの皆さんには、誰もそんなものはパクらないので、どうか安心してほしい。僕好みのクライアントさんは、『同じこと考えてる人なんていっぱいいるだろうから、とっととやろう』と言ってくれます。

ランサーズ、キャンセル多すぎ、単価安すぎだし、丸投げだしキツすぎ | kosuke.cc (via katoyuu)

海外のサービスだと「この依頼は絶対キャンセルしないと表明するオプション」というのがあって、そういう方向に進むんだろうなと思う。

(via petapeta)

permalink
社員の一人が辞めたいと辞表を持ってきた。Cさんとする。
年齢も近く明るい人だったのだが、自主的に辞めたいと言い出してきた。
なんとか留意をしたのだが決心をしたみたいだ。
業界狭いし他で誘われたのかと尋ねる
しかし次の就職先はまだ決めていないという



137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25 19:55:46 ID:pTETB0xK0送別会を開くことになった。皆で少しづつお金を出し
安い居酒屋だがみんなで見送った。
その時に私は次の職場でも頑張ってほしい。応援してますといって見送った。

翌月Cさんはわが社の元請会社に在籍していた。引抜っぽいことは何となく感じていたが、
こんな身近な場所で遭遇するとは。本人も気まずくないのか?

社長お久しぶりですとか白々しく話しかけてくる。なんだか馬鹿にされているみたいだ。
だがお客さんの社員なので邪険にもできない



138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25 19:55:51 ID:SAT3cxcLO入ってくる金も少ないのか…



139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25 20:00:01 ID:pTETB0xK0親父の耳に入ったのだろう
単独でお客のところに乗り込んでいった
うちの社員を引き抜くとは何事かとかすごい剣幕で怒鳴り散らす

経営者とはこうあるべきかと客相手に怒鳴り散らす父親に少し感心をしたものだ

結局ヘッドハンティングされたのにCさんは親父の妨害にあって離職した
みんなの前でつぎの職場でも頑張ってくださいと言った私の面目は丸つぶれだ



141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25 20:01:33 ID:HD8itS5Y0»139
うわぁ・・・。
そんな事したら社員、取引先も信用落ちるやん。



144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25 20:04:17 ID:bDWz0zNj0»141
これは結構正しい事なんだよね
基本的に会社に不義理なことを許してたら横のつながり上ただなめられる
でないと情報とか駄々漏れしそうだろ

»141
意外と信用は落ちなかったw
向こうが平謝りだった


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25 20:02:18 ID:SAT3cxcLOそれはあれじゃない?
親父が泥被ったと考えても…

»142
わしが解決する お前は出てくるなとか言われたしな
今考えるとそうかも知れない

ブラック会社の最高経営責任者になった : はれぞう (via odakin)

難しいのが引き抜きではなくて、自らの意思で転職するケースで、こちらの方がより揉めやすい。

(via yukiminagawa)

Aug
29th
Fri
permalink
Enevoというスタートアップは、センサを利用するごみ収集システムを作ったんだ。同社は今日(米国時間8/28)、EarlybirdとLifeline VenturesとFinnish Industry InvestmentとDraper AssociatesとRisto Siilasmaaなどなどから800万ドルの資金を調達したことを発表した。 EnevoのONEと名づけたサービスは、ごみステーションやリサイクルスポットの容器に小さなワイヤレスのセンサをつけて、ごみ収集を最適化する。センサのネットワークがEnevoのサーバにデータを送って、容器が満杯か空か、などの情報を教える。
Enevoのごみ容器用センサがごみ収集を効率化、早くも$8Mの資金を獲得 - TechCrunch

IoTで効率的なインフラを作り出す事例になりそうではある。広域展開するとエリアによってはモジュールが盗まれたりするのかなぁ。金持ちで治安のいいエリアばっかり効率化されそうな予感も

permalink
今日人狼について話してて、ローカル役職「パン屋」があまりにも面白くて笑ってしまった。パン屋が生存していると、毎朝GMが「パン屋がおいしいパンを焼いてくれたそうです」と報告されて、パン屋が死ぬと「今日からはもうおいしいパンが食べられません」と言うだけという。
permalink
留学先のオックスフォード大学院では、やはり運動好きが高じてボート部に入った。朝5時半起きで川に出る特訓を数ヵ月続けたが、そこで見たものは、レースで勝つという「目的から逆算して発想された戦略の全て」であった。  アメリカ人、イギリス人、インド人、中国人、そして日本人の私という国籍混合チームであったが、チームワークは徹底的に重視された。そのチームは、ボートを漕ぐというタスクのみで固く結束しており、それ以上またそれ以下のしがらみもなかったのである。コーチが提案するトレーニングの内容も、より合理的なやり方があれば、自由闊達に提案できる雰囲気があった。耐えるか耐えないかではなくて、いかに合理的に勝つか、がチームの最重要課題であった。
permalink

よりキレイなRubyのアプリケーションには次のような傾向があります:

・各機能がそれぞれ小さなオブジェクトに落とし込まれている
・可能なかぎり不変型オブジェクトが使われている(プリミティブ型を使ってなんとかしのいでいる、オブジェクトを不変化するadmantiumというgemを利用する、など)
・ビジネスロジックが複数の機能に切り分けられ、上述したオブジェクトとして動作できるよう振り分けられている(サービスオブジェクト)
・突然変異や副次的動作を可能なかぎり最小化している
・ユニットテストにおいて、オブジェクトのインスタンス化およびメソッドの呼び出しで予測される引数の型が全て記載されている(静的型システムの模倣)

こうなってくると、もはや、このコードは関数型プログラミング言語の様相を呈しているとしか思えません。

【翻訳】Rubyにはウンザリ!動的型付け、副作用、およびオブジェクト指向プログラミング全般からの考察 | POSTD

保守性という要素は、プログラム言語がサポートするべきなのかどうか