daxanya's vault RSS

ほそぼそ蠢いています
hatena diary

Archive

Sep
30th
Tue
permalink
“塩が彼らを移動させる刺激である。彼らが移動するのは、塩分濃度の勾配が場所によるエネルギーの落差を作り出すからだ。それは、ボールを平面に置いて、その面を急に傾けた場合と似ている。ボールはいちばん低い地点へと転がっていく。水滴も、それと同じことをしている。どちらの方向にも塩分濃度の勾配がなければ、水滴は水平な平面に置かれたボールと同じだ。でも一つの方向から塩分濃度の勾配がやってくると、水滴は勾配の下へ向かって元気に動きだす。塩分濃度が濃いほど、ボールをより強く引き寄せる”、とMartin Hanczycは述べている。
水を“訓練して”目的地まで行かせる方法をデンマークの科学者らが発見 - TechCrunch

水に優しい声をかける事案ではなくて、塩分濃度を使った化学反応的何か

permalink
各所で猛威を振るう t_wada.png (via レガシーコード改善の戦略と戦術)

本人がプレゼンで使うとかすごい
各所で猛威を振るう t_wada.png (via レガシーコード改善の戦略と戦術)

本人がプレゼンで使うとかすごい

Sep
29th
Mon
permalink
質問 任天堂の倒し方を知っているという気持ちはあるのか。
回答 他社については考えてない。
Sep
26th
Fri
permalink
車を設計するときには、販売後の修理担当者たちのニーズを考えてあげてください。ここで協力しなければ、無駄な時間がかかり、より多くの設備、システム、チームが必要になります。 資材調達、サプライチェーン、製造それぞれが協力しなければ、在庫も棚卸資産も運営資金も足りなくなります。だれがその分を補うのでしょう? 株主ですか? 消費者ですか? 彼らが負担するわけがない。では残るは誰か。社員です。 社員が私生活を犠牲にするほどの個人努力で、協力不足の穴埋めをさせられているのです。ストレス、燃え尽き、プレッシャー、事故、すべてが起こって当然です。仕事に関わりたがらないのも理解できます。
permalink
作文の授業をするとなると、「出来る子は出来るけれど出来ない子は出来ない」がハッキリしてしまいます。次々とスラスラ書ける生徒がいる一方で、原稿用紙をじっと睨んでいるだけの生徒もいます。
作文教育は難しいという話 - 価値のない話

他人の顔色を伺いながら話をする人(特に自分の意見はなくて、相手がいいと思う意見を採用するタイプの人)だと、誰が見るかわからない文章書け、というのはかなりハードル高い。

Sep
24th
Wed
permalink
日本企業だからというわけじゃないかもしれませんが、「ちょっとあの人は話しかけづらいな……」とか、「上司が忙しそうにしていて話しかけづらいな」というのってあるじゃないですか。そういうのがないんですよね。なぜTwitterで、そういう感じの人がいないのかというと、面接ではねられてるんじゃないかという気がします。「エンジニアとして、この人と毎日仕事をしたいか」というのが面接の評価軸にあるんです。
permalink
「こっちに来て驚いたのは、仕事だけでコードを書いていて、しかもスゴい人がいるということです」昨日ホッテントリに入ってたクソブロガー問題といい・・・
はてなブックマーク - 渡米1年8カ月、Twitter本社で働く日本人エンジニア 蓑輪太郎さんの描くキャリア計画 | HRナビ

「インターネットで知名度高い人は会社で有能なのか問題」はインターネットで語られることは少なそうな気がする

permalink
「残業についてどう思うか」という質問に対して「手当がもらえるからやってもよい」と答えた若者が69.4%と過去最高だった。
「手当がもらえるなら・・・」 残業代を求める若者は「社会をなめている」のか? (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

問いがすでに「残業代が出ない残業」という違法行為を前提にしているのがすごい

Sep
23rd
Tue
permalink
何故今の若い子はストレートな反抗をしないのかというと、尾崎豊の歌に出てくる反攻とは、相手に受け止めてもらうという前提の甘えと、将来はその共同体に取り込まれることが約束されているから。しかし、それは今の若い子達が大人に対して抱いている感情である、「絶望」とは質が異なる

Twitter / tyokorata (via whyareyouwanazawasan)

情報過多が災いして、反抗後どうなったかの情報が少ない(悪い情報しかない)と、勝手に想像が膨らんで絶望しかなくなるのかもしれない。

(via do-nothing)

permalink
僕が手に持っているのはこれ長芋なんですけども、このところ毎年2トンぐらい作ってます。いろいろ栽培の工夫をして、ほとんど痒くならない長芋を作れるようになったんですね。 僕の父親って、長芋アレルギーで食べれなかったんですけど、うちの長芋は食べれるんですね。これでちょっと気付いたんですけど、この痒い痒い成分ってシュウ酸カルシウムって成分なんです。 もしかしたら長芋アレルギーっていう人は、長芋そのものがダメなんじゃなくて、このシュウ酸カルシウムだけに反応している可能性もあるんじゃないかと。そうすると、医療の現場の人とやりとりしたら、結構クリアできる問題が出てくるんじゃないかなと思ったんですね。そこで登場してもらうのがお医者さんなんですけども。
「カラダで覚える」は時代遅れ? 農業を”数値化”してみてわかった、成功と失敗のメカニズム | ログミー[o_O]

食べ物の特性って、肥料とか農薬の与え方で全然変わってくるってことか。奥が深いな。

Sep
22nd
Mon
permalink

 最近流行り始めたばかりの珍しいことを有り難がって吹聴してまわる人がいるが、これもわたしは感心しない。そういうことは流行遅れになってしまうまで全然知らないでいるのが格好いいのだ。

 仲間内だけで話しつけている話題や物の通称などを、新たな参加者がいるのに、仲間同士だけで符丁を使って言い合って、にやにやしたり目配せしたりして、分からない人をつんぼさじきに置くのは、無教養な田舎者が必ずすることである。(第78段)

『徒然草』 もの狂おしくない新訳 (via sandman-kk) (via jinon) (via gkojax) (via kagurazakaundergroundresistance) (via ak47) (via a-zathoth) (via uessai-text) (via pucchi) (via syoichi) (via yuco) (via yaruo) (via tessar) (via uncate) (via vichy) (via iterwtt)

仲間同士だけで符丁を使って言い合って、にやにやしたり目配せしたりして、分からない人をつんぼさじきに置くのは、無教養な田舎者が必ずすることである

(via iterwtt)

(via takojima) (via yellowblog) (via nemoi) (via do-nothing)

(via glasslipids) (via daisydiary2) (via precall) (via 908908) (via daizydaizy)

(via tex) (via nashi-kyo) (via mokn12)
permalink
優秀な子と生産性が高いことはマジで違うんで、それは騙されやすい問題です。特にエンジニアじゃない人、エンジニアバックグランドがない経営者は、そう言うところに評価を置きがちです。まぁとはいえ、オープンソースコミッター・・・ただそれは、そういう人で仕事の出来る人も当然います。ただ、スタートアップの成長に貢献できるかというと相関はない。
フリークアウト、イグニスの2社の創業から上場に関わった男の語るスタートアップが陥りがちな5つの問題(フリークアウト佐藤裕介氏) | STARTUP SCHOOL

スタートアップでは、外部評価と内部評価は全く相関しないという面白い話。観測範囲内だと、尻叩く人がいないと動かない人や、言われたことは120%こなすけど自発的には一切動かない人等、大組織だとそれなりにワークする人でもスタートアップだと全然ダメという例はそれなりに見かける。

permalink
続いて、クソブロガー問題は、文字通りなんですが、エンジニアを採用する時に、よく言うのがなんか、自分の技術的な発見とか話をブログに書く、みたいな。そういう人がいいぞみたいな、定説がある。それ基本的にウソなんで、特にエントリー数が多いエンジニアの仕事の出来なさ半端じゃないです。
permalink
同級生が弁護士になって登場してビックリした。パンツかぶる程、立派な人間になっていたなんて…(白目)
permalink
「カツオにゃんこ」は高知県高知市の民芸品を製造・販売する「濱惣(はまそう)」が考案。2011年6月21日に、ストラップやTシャツなどオリジナル商品を売り出した。「桂浜の坂本龍馬像の下に捨てられていた小さな猫で、土佐のカツオが大好物。カツオのことを毎日考えていたら、体がカツオになった」という設定。白地に青のラインが入った愛らしい猫だ。  一方の「ジバニャン」は、「妖怪ウォッチ」の象徴ともいえる存在。車にひかれて死んだ猫の地縛霊で、主人公の少年ケータの家に居候しており、出番も多い。色は白地に赤。14日のプロ野球西武-楽天(西武ドーム)では始球式に登板するなど大人気だ。  青、赤と色は違うが、まん丸目玉、顔の中央の白地部分、口元など細部は“双子”のように似ている。インターネット上には、カツオにゃんこは「ジバニャンのパクリでは?」などの書き込みが多数ある。  濱惣の担当者によると「今年の4月ぐらいから“パクリじゃないの?”“青いジバニャンだ”と言われて、私たちも妖怪ウォッチのことを初めて知った」という。実は、妖怪ウォッチは12年12月に「コロコロコミック」(小学館)で連載開始。アニメ放送が開始されたのが今年1月8日。カツオにゃんこの方が誕生が早い。
ジバニャンのパクリ?カツオにゃんこ“間違われ特需”大喜び (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

ジバニャンが、カツオにゃんこのパクリなのではないかという発想